家系図のつくりかた

■家系図作成の工程

    • 家系図の系統を決定家系図を作成する際には「系統」という概念を理解しておくことが大切です。どの範囲で何系統の家系図を作成するのかを決定しないままに進めると、調査の範囲が際限なく広がってしまうからです。通常はどの苗字を遡るのかを決定します。

例:自分の両親の父方を遡る(2系統)

  • 戸籍謄本の収集戸籍謄本には、いくつかの種類があります。・戸籍謄本現在使われている通常の戸籍(現戸籍)。普通、戸籍といえばこれを指します。

    ・除籍謄本ひとつの単位の戸籍に記載されている人が除籍や死亡、転籍などによって誰もいなくなったもの。

    ・改製原戸籍謄本戸籍法の作り変えが行われた際に、従前の古い様式の戸籍を改製原戸籍といいます。欲しい戸籍の内容を役所で説明できれば、戸籍の種類を特定できなくても大丈夫ですが、区別が分かっていると、その戸籍に記載されている情報を理解するうえで役立ちます。

■戸籍謄本の記載事項の中の重要情報

戸籍謄本には、本籍、世帯主、家族の名前、生年月日、死亡年月日など、身分に関するさまざまな重要情報が記載されています。
その中で、家系図作成のための戸籍調査での重要情報は、次の2点です。

その戸籍謄本内に記載されている直系尊属(自分の父母・祖父母・曾祖父母、高祖父母・・・)の名前 その戸籍から判明した最も上の世代の直系尊属がその戸籍に入る前にどの戸籍に記載されていたか(従前戸籍)戸籍謄本の記載から正確に直系尊属の名前・情報を読み取って、家系図に一人ひとりの名前を書き足しつつ、さらに2の情報を利用して更に上の(古い)戸籍を辿っていくという過程を繰り返すのが、戸籍によるご先祖様調査の基本手順です。
その戸籍に記載してある最古のご先祖様が、他の戸籍から移ってきている場合には、戸籍のどこかに必ず従前戸籍の本籍地と筆頭者の記載があるはずです。その従前戸籍記載によって、従前戸籍の本籍地に対して当該筆頭者の戸籍を請求していくのです。
従前戸籍がどこにある(本籍地)誰の戸籍か(筆頭者)を探すことが、戸籍を読みとる上での最重要事項です。

■戸籍謄本の請求方法

戸籍謄本は各本籍地の市町村で管理しています。戸籍を請求するときは、取得したい戸籍を管理する市町村役場に請求することになります。最近では、ほとんどの市区町村がウェブサイトで情報公開していますから、自分が戸籍を請求したい市区町村のウェブサイトにアクセスして、戸籍の請求方法を調べるのが近道といえます。
戸籍の請求方法として、「窓口での申請」と「郵送による申請」が可能です。自分の本籍地が遠方にある場合などには、「郵送による申請」が便利といえます。

■除籍謄本の保存期間

除籍謄本の保存期間は、法律によって80年と定められていましたが、平成22年6月1日から除籍謄本(除籍簿)の保存期限が150年に伸長されました。
しかし、今から150年前は1860年です。明治初めに除籍簿になっているご先祖の戸籍が廃棄されるのはそう遠い先のことではありません。

■市町村合併の問題

家系図作成のために戸籍を取得していく際に必ず出会う問題の一つが、「現在では消滅している市町村の問題」 があります。明治、昭和、平成の大合併という3つの大合併によって多くの市町村が消滅しました。
収集した戸籍を読み取って、次の戸籍の請求先を特定できて、さあ請求しようと思っても、そんな市町村は現存しないという場合があるのです。
そのような時には、インターネットや図書館の調査資料室などで、市町村の変遷を調べ、合併後の市町村に問い合わせてください。

■ハッピーメモリーズ

私どもハッピーメモリーズでは、家系図作成のお手伝いをさせていただいています。
ぜひ、ご相談ください。